✔ 健康を考える

歯科医療の今後について

3歳児の歯科検診の結果、ここ20年間ほどで一人当たりの虫歯本数が3分の1にまで減少してきており、近年では一人1本未満とのデータが出ています。このデータは3歳児を参考にしていますが、未成年者全体でみても減少してきているようです。 また、75歳〜84歳の方で20本以上歯が残存している割合も増加してきているとのことでした。 最近は健康志向が高まり、それと同時に歯を大切にするという心掛けが浸透してきています。歯科医療自体は廃れることはありませんが、今後は歯科医療も昔ほどは利用されることはないでしょう。 実際に個人経営ですと、同じ地域で顧客の争奪戦が盛んになっており、患者さんにいかにスムーズに治療を受けてもらえるかという取り組みがなされています。

医師はおなじではない

現在は歯科医院が数多く存在し、一般的な歯科医院の数だけでも約7万件存在します。その他、大学病院の口腔外科などを含めると数は知れません。 これだけの病院があると、どこがいいのか迷ってしまいますが、医師選びは慎重に行った方がいいでしょう。 というのも歯科医師は全て同じだけの知識と技術を持っているわけではありません。よって、適切な治療をしてもらいたいと思うのなら然るべき医師を選ぶことが大切です。 良い歯科医師の基準としては、カウンセリングがしっかりしている、説明が分かりやすいなどがあり、またそういった評判は地元住民から得ることができます。さらに予約時間がはっきりしており、回転率のいい歯科医院のほうが人気です。